友商事は、2020年の定時株主総会で「カーボンニュートラル化」の目標を発表したにもかかわらず、バングラデシュでは破滅的な石炭火力発電事業を今後も続ける方針です。