19058-GSC-Win-Gold-Website-Header5
Mobile-Slider-and-Header-Images-JAP7

選手たちは、東京の猛暑と高湿度に備え、史上最も暑い夏季オリンピックに向けて準備を進めています。このまま温暖化が進めば、猛暑の中でのオリンピック開催が一般的になってしまうでしょう。

国際的なスポーツ大会の主催者たちは、天候がますます予測不能になり、過酷な条件の中で競技大会が開催されることが増えているため、大会スケジュールの調整を始めています。

東京オリンピックは猛暑となることが予測されており、平均気温は35度、湿度は60%から80%の間で変動することが想定されています。これは、過去に開催されたスポーツ大会の中でも最も暑いレベルです。

日本の夏は、時に命取りとなるような過酷な暑さと湿度で有名です。2019年7月末から8月あたまのわずか1週間に熱中症で救急搬送されたのは1万8,000人以上におよび、57人が死亡しました2018年の熱中症による死者は1518人に上りました。

屋外で競技する選手のほぼ全員が、暑さによる身体機能の低下により熱射病やパフォーマンスの低下を起こしやすくなるでしょう。現在、そのような困難な状況下で競技を行なう世界最高の選手たちの安全を確保し、彼らのパフォーマンスを最大化することが強く求められています。

出典 Szubski C: Sweltering Heat at the 2020 Olympics in Tokyo. Sportify Cities Report. 2016.

IOCはどのような猛暑対策を講じているのか?

IOCは、予想される状況に対処するためにいくつかの対策を講じています。長距離走は夕方の比較的涼しい時間帯に行われ、朝のラグビー競技は正午までに終了します。さらに最近、IOCはオリンピックを代表する競技であるマラソンと競歩の開催地を、東京から500km北の札幌に変更することを発表しました。

新しい“通常”

2019年9月、カタールの焼けるような暑さの中で世界陸上選手権大会が開催された際は、史上初めてマラソン競技が深夜に行われました。しかし、条件を譲歩したにもかかわらず、参加選手の約4割が棄権する結果となりました。

テニスの全豪オープンなどの大会では、極暑を考慮した安全対策を講じています。サッカーについても、IOCと国際サッカー連盟(FIFA)が、主要な大会における猛暑関連の問題を検討するために委員会を設置しました。また、英団体が最近発表した『Hit for Six』報告書は、気候変動による異常気象でクリケットのグラウンドが乾燥し、選手は熱中症の危険にさらされるなど、試合に及ぼす悪影響が高まる可能性があることを明らかにしました。

気候変動に起因する暑さへの懸念とは逆に、2050年までには、過去の冬季オリンピック開催地は暖かくなりすぎ、今後オリンピックを開催することができなくなる可能性があることも指摘されています。

日本に石炭火力発電への資金提供をやめるよう求めましょう

日本政府と東京での大会のスポンサーが石炭火力に資金提供するのを止めるよう求める世界的キャンペーンに参加してください。

ニュース

【NGO共同声明】G7サミットでインドラマユ及びマタバリ2石炭火力を含む海外化石燃料事業への公的支援をやめるよう日本政府に要請

MUFGに対する株主提案は継続ー投資家向け説明資料(第2回)を公表

G7で孤立する石炭中毒の日本

MUFGが邦銀初の2050年カーボンニュートラル宣言を発表 しかしパリ協定と整合的な具体策は示さず 株主提案は継続へ

みずほ、石炭採掘・化石燃料コーポレートファイナンスなどで進展するも パリ協定の目標達成の水準にはなお及ばず

三井住友フィナンシャル、石炭火力方針を改定もなお抜け穴 パリ協定と整合せず

住友商事の新石炭火力方針には依然として抜け穴が ~マタバリ3&4号機の建設工事入札への不参加を~

MUFGが石炭火力・森林セクター方針を改定、なおパリ協定と整合せず

【NGO共同声明】三菱UFJが石炭火力への融資を厳格化するも、日本政府の2050年ネットゼロ目標とは依然乖離

【NGO共同声明】気候リーダーズサミットで海外石炭火力支援について韓国に後れをとる日本政府 ~インドネシア、バングラデシュへの石炭火力支援中止の決断を~

【NGO共同声明】日米首脳会談の公的支援2050年までのネットゼロ目標を歓迎 ~進行中の石炭火力2案件からの撤退が必要〜

30以上のNGOがオリンピックのゴールドスポンサーである東京海上に対して化石燃料支援をやめるよう要請

シェア

石炭火力に反対する声を上げよう