19058-GSC-Win-Gold-Website-Header5
Mobile-Slider-and-Header-Images-JAP7

選手たちは、東京の猛暑と高湿度に備え、史上最も暑い夏季オリンピックに向けて準備を進めています。このまま温暖化が進めば、猛暑の中でのオリンピック開催が一般的になってしまうでしょう。

国際的なスポーツ大会の主催者たちは、天候がますます予測不能になり、過酷な条件の中で競技大会が開催されることが増えているため、大会スケジュールの調整を始めています。

東京オリンピックは猛暑となることが予測されており、平均気温は35度、湿度は60%から80%の間で変動することが想定されています。これは、過去に開催されたスポーツ大会の中でも最も暑いレベルです。

日本の夏は、時に命取りとなるような過酷な暑さと湿度で有名です。2019年7月末から8月あたまのわずか1週間に熱中症で救急搬送されたのは1万8,000人以上におよび、57人が死亡しました2018年の熱中症による死者は1518人に上りました。

屋外で競技する選手のほぼ全員が、暑さによる身体機能の低下により熱射病やパフォーマンスの低下を起こしやすくなるでしょう。現在、そのような困難な状況下で競技を行なう世界最高の選手たちの安全を確保し、彼らのパフォーマンスを最大化することが強く求められています。

出典 Szubski C: Sweltering Heat at the 2020 Olympics in Tokyo. Sportify Cities Report. 2016.

IOCはどのような猛暑対策を講じているのか?

IOCは、予想される状況に対処するためにいくつかの対策を講じています。長距離走は夕方の比較的涼しい時間帯に行われ、朝のラグビー競技は正午までに終了します。さらに最近、IOCはオリンピックを代表する競技であるマラソンと競歩の開催地を、東京から500km北の札幌に変更することを発表しました。

新しい“通常”

2019年9月、カタールの焼けるような暑さの中で世界陸上選手権大会が開催された際は、史上初めてマラソン競技が深夜に行われました。しかし、条件を譲歩したにもかかわらず、参加選手の約4割が棄権する結果となりました。

テニスの全豪オープンなどの大会では、極暑を考慮した安全対策を講じています。サッカーについても、IOCと国際サッカー連盟(FIFA)が、主要な大会における猛暑関連の問題を検討するために委員会を設置しました。また、英団体が最近発表した『Hit for Six』報告書は、気候変動による異常気象でクリケットのグラウンドが乾燥し、選手は熱中症の危険にさらされるなど、試合に及ぼす悪影響が高まる可能性があることを明らかにしました。

気候変動に起因する暑さへの懸念とは逆に、2050年までには、過去の冬季オリンピック開催地は暖かくなりすぎ、今後オリンピックを開催することができなくなる可能性があることも指摘されています。

日本に石炭火力発電への資金提供をやめるよう求めましょう

日本政府と東京での大会のスポンサーが石炭火力に資金提供するのを止めるよう求める世界的キャンペーンに参加してください。

ニュース

ブリーフィング・ペーパー「東京海上・MS&AD・SOMPOにおける気候変動の物理的リスク」を発表

【要請書】ベトナム・ブンアン2石炭火力発電所を支援しないでください

【共同声明】小泉環境大臣によるベトナム石炭火力案件に関する問題提起を歓迎- 日本政府は早急に海外への石炭火力発電支援を停止すべき

インドネシア・チレボン石炭火力発電事業で国際CSR規範の不遵守が計66箇所に!腐敗の実態も明らかに

Final Call? Sayonara Coal 再び

小泉大臣聞こえますか?-行動するのは今

NO COAL JAPANがフィナンシャルタイムズに意見広告 安倍首相に対し「Win Gold, Lose Coal (金メダルを目指し、石炭を打ち負かせ)」と訴え

COP25マドリード開幕 – 気候危機を乗り越えるために今システムチェンジを

石炭事業への保険引き受け方針等に関する世界の大手保険会社ランキングを発表 ~東京海上、MS&AD、SOMPOは保険引き受け方針で最下位~

来日したインドネシア住民が石炭火力発電事業への援助停止を求める要請書を日本政府・JICAに提出

国内外環境NGO8団体、邦銀4行にベトナムのブンアン2石炭火力発電事業の融資拒否を求める要請書を提出、個人賛同49カ国・2万2000人以上

国内外のNGOが、国際オリンピック委員会の会議の開催にあわせ 健康と安全を守るための行動を呼びかける声明を発表

シェア

石炭火力に反対する声を上げよう